川崎北高等学校では、2020年度から大学入試の制度が変わり、英語外部検定試験の結果が活用されるようになること等をうけて、平成29年度から、「Kプラン」という計画を立て、英語の授業を、英語4技能をバランスよく育成する授業に改善する取組を始めました。

具体的には、英語の教員が県内外の優れた英語授業実践校に見学に行ったり、他校の優秀教員に来校してもらって、模擬授業をしてもらったりして、授業方法改善の研究を行い、その成果を本校の英語授業に取り入れてきました。

平成30年度は、「Kプラン」をバージョンアップし、「K−2プラン」を進めています。

英語に限らず、生徒の学力をすぐにアップさせる魔法はありません。しかし、本校の英語の教員は、少しずつでも授業のやり方を改善することで、本校生徒の英語力向上に努力しています。


K−2プランをご覧になりたい方はこちら

        
















英語授業改善プラン「K-2プラン」

教育の特色

本文へスキップ


アクセスお問い合わせ 044-855-2631


神奈川県立川崎北高等学校